お知らせ


クラウドファンディングの開始について(2019/1/28)

クラウドファンディングについて

ヴェルディ・プロジェクト・ジャパンでは、今後のヴェルディ全曲シリーズの開催に向けてクラウドファンディングを開始致しました。

 

本文にあります通り、ヴェルディの音楽はその演奏譜についてもまだまだ研究の途上であります。

私共の活動が少しでもヴェルディの音楽の普及、またイタリアオペラの発展に役に立つことが出来たらとも思っていますので、このクラウドファンディングの趣旨に賛同して下さる方がいらっしゃいましたら、是非ご支援頂けましたら幸いです。

 

クラウドファンディングページ

「オペラの本当の姿を表現したいーヴェルディの全てのオペラを一緒に体験しませんか?」 

https://kibidango.com/project/935


出演者の変更について(2019/1/20)

出演者の変更について

 

この度2019年3月8日のマクベスに出演を予定していましたジュリオ・ボスケッティ氏が都合により来日が出来なくなりました。代わりにマルツィオ・ジョッシ氏がマクベス役を務めます。

この度の出演者変更に伴い、チケットの払い戻しを受付いたします。

チケットの払い戻しを希望されます方は、大変お手数をお掛け致しますが、本本ホームページ「お問い合わせ」よりお知らせ頂けますようお願いいたします。折り返しチケットの払い戻し方法につきましてお知らせいたします。

 

 

<マルツィオ・ジョッシ氏プロフィール>

ブッセートにおける“ヴェルディの声”国際コンクールでの入賞を皮切りに、これまでにスカラ座をはじめ、トリノ王立劇場、フィレンツェ歌劇場、ボローニャ歌劇場、パレルモ歌劇場、トリエステ歌劇場、ジェノヴァ歌劇場、パルマ王立劇場、ベルガモ・ドニゼッティ歌劇場等のイタリアの歌劇場でヴェルディをはじめとするオペラに出演してきた他、トッレ・デル・ラーゴ・プッチーニフェスティバルでは、蝶々夫人、ラ・ボエーム他数々のプッチーニのオペラに出演。またパリを始めとするフランス各地の劇所やジュネーヴ歌劇場等でも活躍し、ガヴァッツェーニやアバド、ムーティといった世界的な指揮者との共演も重ねるイタリアのバリトン歌手。ベルガモ出身。