フェニーチェ劇場での『リゴレット』の初演を終えたヴェルディは、次の『イル・トロヴァトーレ』の台本制作に取り掛かる中で、滞在中のパリで義理の父からヴェルディのある行動を非難する手紙を受けとりました。そして、その義理の父の誤解を解いていく中で、ヴェルディはパリの劇場で観た一つの劇に深く魅せられ、それはやがてヴェルディの新しいオペラの題材へと繋がっていきます。

 ヴェルディが『ラ・トラヴィアータ』に求めた歌手とは?そしてそれぞれの作品に込めた思いとは?様々な書簡や文献、そして楽譜からヴェルディのオペラ『ラ・トラヴィアータ』の誕生を紐解いていきます。

 

『ラ・トラヴィアータ 誕生の秘密~愛と死の物語』

『ラ・トラヴィアータ 誕生の秘密~愛と死の物語(解説編)』

 

《発行日》

2021年9月下旬

※発行時期が変更となりました

 

《価格》

『ラ・トラヴィアータ 誕生の秘密~愛と死の物語』/2,500円(税込)

『ラ・トラヴィアータ 誕生の秘密~愛と死の物語』(解説編)/2,500円(税込)

送料500円

 

《発行部数》

予約販売分のみ

 

《申込受付期間》

2021年8月31日(火)申込受付終了

 

著者/苫米地英一

制作/ヴェルディ・プロジェクト・ジャパン



『ラ・トラヴィアータ 誕生の秘密~愛と死の物語』

☆無料公開のお知らせ☆

 

『ラ・トラヴィアータ 誕生の秘密~愛と死の物語』の出版にあたり、期間限定でその内容の一部を無料公開(ダウンロード)致します。

 

《公開内容》

『ラ・トラヴィアータ 誕生の秘密~愛と死の物語』より特別編

~フェニーチェ劇場の苦悩~

 

《無料公開時期》 

2021年8月31日(火)まで